杭州西湖風景名勝区は風景の美しい湖と山、豊富な文物?遺跡と文化芸術が一体になった国家級の風景名勝区で、美しい西湖を中心に、三方が山に向かい、中心は湖で、面積が凡そ 60 平方キロあり、そのうち、湖の面積が 6.38 平方キロもある。湖の周辺は、緑に包まれ、山も緑に覆われており、画中にあるような橋、舞っているような柳などがある。うねうねした山々には、綺麗な林や泉と奥深い渓や澗がある。 100 箇所もある特色に富む公園や観光スポットには、三秋桂子、六橋煙柳、九里雲松、十里荷花のほか、更に有名な 「 西湖十景 」 、 「西湖新十景」、ここ数年次々と建設?公開された何箇所の 特色に富む新景勝地があり、これらの名所は連なって、西湖を彩り美しい花輪に成し、春夏秋冬、晴雨風雪、それぞれ異なった情緒を呈している。

西湖は美しい山や水、そして奥深い林に恵まれているだけでなく、豊富な文物と遺跡、美しい神話と伝説があり、自然、人文、歴史、芸術を一体に合わせる。西湖の周辺には、遺跡が所々にあり、豊富な文物があり、国家級の重点保護文物が 10 箇所、省級の重点保護文物が 30 箇所、市級の重点保護文物が 26 箇所あり、その他、文物保護スポットと博物館と記念館が何箇所もあり、西湖の風采を大きく上げ、西湖をわが国の有名な歴史文化観光名所に作り上げた。毎年、国内外から 2600 万人にも上る観光客が訪れている。

21 世紀の始め、中国共産党杭州市委員会、杭州市人民政府は西湖をめぐる総合整備プロジェクトを実施し、西湖環湖南線風景区、楊公堤、新湖浜、梅家 塢 茶文化村、北山街歴史文化街区などの景勝地が相次いで建設?公開され、「一湖二塔三島三堤」の西湖の全景図が人々の前に現れ、「東がホット、南が旺盛、西が幽幽、北が優雅、中心が綺麗」というような西湖の新面目が徐々に人々の目前に現れている。